コープスパーティー:娘 1巻 (旧ブログからの移設

(記事作成日:2010年12月22日)

コミックアライブで連載していた、

初代コープスパーティーのコミカライズ。

とは言え原作そのままって訳ではなく、

新キャラとして男の娘の

篠原深雪(しのはらみゆ)が

加わっていたり、良樹のデザインが

黒髪メガネという予想外の変貌を遂げていたり、

単純に初代の純粋なコミカライズ

であるとは言い難い部分もあります。

最も自重していないコープスパーティー

その中身は、一言で言えば正にエログロ。

パンツ見えてんのなんか当たり前、

ムカデが這い寄ったり上半身裸になったり

触手に襲われたりもうやりたい放題。

しかし、エロだけが自重していない

訳ではなく、グロ方面だって

まったく自重しておりません。

容赦ない惨殺シーンや逝っちゃった顔

をした死体の場面写なんてのも当たり前です。

まぁ深雪や直美さんとかが

そういうグロシーンを担当する際は

同時にエロシーンとなるので、

エロがグロを相殺して

ちょうど良いのかもしれない。

また、初代や初代の周辺の事を

ちゃんと知ってる人に対する配慮も

忘れてはいません。

由香はちゃんとおかっぱ頭だし

コープスパーティーゼロから

長谷川香織と志穂の姉妹も出張しています

(設定や外見には差異があります)

展開も初代に沿っていますし、

初代っぽさはちゃんとありますのでご安心を。

一方で良樹は初代よりゲスになっていますw

そして1ページ目から登場する、

BCからの出張キャラ「冴之木七星」の存在。

この1巻では哲志達に軽く情報を

流すだけの登場ですが、霊能師である彼女が

今後どう絡んでくるのか、目が離せません。

一番祁答院が暴走していたコープスパーティー

・・・書き下ろしの、祁答院先生の

各キャラへのパンツへのこだわりをのぞかせる

パンツリストも、ある意味目が離せません。

祁答院はどこへ向かっているのです?(汗

という訳で、「コープスパーティー:娘」。

エロもグロも楽しみたいという方は、

是非お買い上げください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする