ガールズ&パンツァー リトルアーミー 全2巻 感想&レビュー (旧ブログから移設

(記事作成日:2016.1.21)

リトルアーミーはいいぞ。

うん、いきなり結論を言うのもどうかと思うが、事実なので仕方が無い。

ガールズ&パンツァー前日譚(内容的にも連載時期的にも)

ガルパンの漫画の一つで、西住殿がまだ小学生だった頃の話。連載は才谷屋先生の漫画版本編と同じく、TVアニメの放送前から始まっており、全2巻と短いが、前日譚としては非常によく纏まっている。

尚、その連載時期の影響もあって設定に齟齬があり、みほとまほが2歳差の姉妹となっているが、この点にだけは目を瞑ろう。続編ではきちんと1歳差に戻っている。

あんこうチームとはまた異なる友情の形

本編のガルパンは尺的な問題や内容的に、不要なものは徹底的に排除した関係もあり、あんこうチームは最初から非常に仲が良く、喧嘩をすることもなく強固な結束がある。が、こちらでは小学生ということもあって、みほ・瞳・千紘・エミの4人が戦車道をやる友達になるまで、そしてなってからも何度も衝突する。

しかし衝突するからこそお互いを思いやり、深く理解できる関係になっているし、一丸となる戦車戦も含め、そうした経験全てが最後へ繋がる重要な要素。2巻という短さの中で1話からコツコツと積み重ねたものが、友達との出会いと別れを意味のあるものにしている。

メタ的な意味では、続編のリトルアーミーⅡの連載に繋がってるし。

まほの願いが成就するのはまだまだ先

また、本編ではラスボスだけど出番が少なかったまほ姉ちゃんについても補完がされている。

連載時期的にも、本編最後の「自分の戦車道を見つけた」というみほの言葉の意味について、一つの説明を示している。

西住の家に縛られず自分の道を進み、自分の戦車道を見つけることを願ったまほ。そしてエミも、その真意を正しく理解していた。

だから高2になったみほは、この時から5年も経ってようやく姉と親友の願ったとおりのみほになれたということ。

漫画版は本編とはパラレルな物語という位置づけになっていますが、個人的には本編の過去においても同じようなやりとりが2人の間にあったと考えると、非常に納得出来ます。

ガルパンコミックスの中でも特にオススメの一冊

色々と、本編ではやれなかったことを詰め込んだ漫画と言って良い。喧嘩や衝突を繰り返して友達と深い繋がりになって行く構成、みほが転校前にあの行動を起こすに至ったのを想像できる判断材料、まほがどれだけみほを心から大事に思い続けていたのか、そういった要素が全2巻という短さの中に詰まっている。

本編と劇場版を両方見て、そして次に何を見よう、となっている方には、是非ともオススメしたい。西住姉妹についての補完として、非常に重要な作品です。

そして、この作品の直系の続編としてリトルアーミーⅡもありますし、戦車戦に出てきた3人娘がフェイズエリカにも出ていたり、菊代さんが才谷屋先生の漫画版にも出ていたりと、他の作品にも派生している部分も多々ありますので是非ともチェック。

また、昨年に発売された「ハートフル・タンク・アンソロジー」には、リトルアーミーの設定集が掲載されておりますので、気になる方はこちらも。