利便性にはコストが伴う

繁忙期の2週目に突入でございます。今日で一応8日目が終わり、日数的には1/3が終了した所ですが、感覚的にはもう、ではなく、まだ、です。まだ2/3も残っている。先は長いです。

疲れた体には甘いもの!

さて、宣言通り仕事帰りにスイーツを・・・と考えていましたが、コンビニではなく、24時間スーパーで買うことにしました。何故か?まず種類が多い。次に量がコンビニのより多い。そして大抵夜9時とかだと2割引。コンビニが買ってる要素が何もねぇ!!

↑のショートケーキも2割引で2個入300円。コンビニだと1個でもサイズ同じか小さくて値段が同じですからね、迷う要素無し。

基本的に、コンビニって同じ24時間ならスーパーに敵うべくもないですからね。というわけで、コンビニではなくスーパーに寄って帰ることにします。ケーキ以外にもタルトやロールケーキやワッフルとかあるし、選べる楽しさは良いものだ。

で、まぁ日曜の昨日も仕事でしたが、定時で帰れたので行くしかねぇ!とケーキ屋に寄りました。やはりケーキ屋のケーキは美味すぎる!コンビニやスーパーのなんて子供騙しです。多少の値段なんて何だというのだ、この美味しさの前には関係ありません。

餅は餅屋、ケーキはケーキ屋です。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)