ガールズ&パンツァー フェイズエリカ 1巻 感想&レビュー

遂にやってきたわに!で連載前から話題となった、「ガールズ&パンツァー フェイズエリカ」の1巻が発売となりました。

著者はこれまで本編のコミカライズやマジノ戦を手掛けてきた、ガルパンの公式コミック連載ではすっかりお馴染みの才谷屋氏。

逸見エリカ、黒森峰女学園中等部に入学す。

フェイズエリカはある意味、ガルパンという作品で一番未知の部分な、みほの黒森峰時代を逸見エリカ視点で中等部の入学時点から描くという、かなり踏み込んだストーリー。

本日抱き枕の発売まで発表された、すっかり人気者の逸見エリカ。エリカが色々とみほに対してこじらせているんだろうというのはリボンの武者でも描かれてますが、まさか入学してすぐに一騎打ちをして、その後平手打ちまでしてたとかビックリだよ。

一応補足すると、漫画版においては後述する才谷屋先生のアンソロジーに掲載された作品の小学生エリカが下地となっている為、エリカ自身も入学時から優秀な部類に入っております。それ故にみほの甘さが気に入らない為、副隊長の座を掛けて勝負をすることに。

まほに憧れて黒森峰に来たエリカと、まほと戦車道をしたいから黒森峰に来たみほ。動機は同じでも現段階では反りの合わない二人。しかし赤星小梅も含め、そこから4年もの付き合いがあればそりゃ部外者に引っ込めと言いたくもなるでしょうね。

また、この作品では才谷屋先生が過去のアンソロで出したキャラであるエリカの友人「桜レイラ」も登場、彼女がエリカの相棒ポジションです。更にリトルアーミーでみほとまほが戦車戦をやった際に、まほの三突に乗っていた三人のクルーも登場。こちらもアンソロにて登場していますが、今回の連載に伴い名前が付きました。

中一の時間軸から開始なので、他校の隊長や副隊長キャラとの関係もこの当時からあったことにするのかしないのか、そこも気になる所です。

この先見たい展開

単行本何冊分の話になるのかも現段階では分かりませんが、少なくとも高1での例の事件が起きる前後まではやるはずなので、個人的には中3の時間軸を見てみたい。間違いなくみほが隊長、エリカ副隊長で、二人が並び立ってただろう時期で、更に例の事件の1年前。この時期のみほとエリカの関係は気になります。

・・・と思っていたのですが、5話にてその期間はかなりサラッと流されて高一編に飛んでしまいました。無念。

コミックウォーカー作品ページ

↑フェイズエリカはコミックウォーカーで無料で更新されていますので、見逃さずチェックしましょう。

余談

また、昨年に才谷屋先生が発刊した同人誌の方では、キャラデザ集やフェイズエリカ連載開始の経緯等が載っておりますので、ショップでもし見掛けたら入手して損はないです。

それと前述した通り、↑こちらの2014年発売の「コミックアンソロジー2」に掲載された「エリカの誇り」という短編が、実質フェイズエリカの前日譚になっていますので、気になる方はこちらもチェックしてみましょう。