もみじのDDON奮闘記 ~やっぱり奴には勝てなかったよ・・・~

ファーラナのエリアランクが9になりましたぞ!

これでようやく、常時タラスクと戦うことが出来るようになりました。

初遭遇時、とんでもないインパクトを残したこの亀ドラゴン君のタラスク。しかし今回はレンタルした75装備のソーサラーを2人も連れている!これなら勝てるはずだ!

イクゾー!(デッデッデデデデ カーン

現実は非常である

やっぱりダメでした・・・

一撃食らってコレである。温泉に使って体力最大値を上げてなければ即死だった。

流石に現シーズン最強のモンスター、ビフレストやホワイトグリフィンとは次元の違う強さ。まさかレンタルポーンの、現シーズンにおける事実上の限界値に近い魔力+アタックライザーの掛かった状態で撃ったサンダーレインでも、辛うじて体力バーの減りが確認出来る程度にしか減らないとは。

甲竜の名は伊達ではないようです。

しかも巨体に見合ったとんでもない攻撃範囲も相まって、ポーンが中々詠唱を完了出来ない。メインポーンはまだ防具も弱いし当然ながら一撃で死ぬので、いっそ見捨てる覚悟を持つべきか。

やはり、75装備一式が最低ラインのようですね。しかも自分はプリーストだし、杖を強くしても殆ど意味が無い。火力はポーン任せになるので、毎度の事ながらソロプリは厳しいです。タラスクと戦う時は、消耗品もピッケルやピンは全部預けて、薬だけを大量に持ち込むくらいは必要になるかもしれませんね。

でもこっちは大したことなかった

一方で、放置していたエラン水林の最後のエリア試練である、ホワイトグリフィンの討伐はすんなりと行きました。

流石にこっちなら75ポーンの最大火力は十二分に効いた。レベル差の影響で取得経験値が2割減っても6万とかなり美味しい。道中の雑魚も苦戦しないのに一匹2400とかなり美味しかったし意外と美味しい狩場かもしれない。

それとこのダンジョン、最後のホワイトグリフィンのいる広場に出る前に、洞窟から光が刺し込む隙間があるのが個人的に好きです。こういうのって、何か素敵な光景じゃありません?

後はブラッドオーブを貯めるのみ

で、平行してちょいちょい上げていたスピリットランサーもlv50に到達。戦技の試練も終わらせたので、後はブラッドオーブさえ溜まれば、最後のカスタムスキルであるシュクリス・ガーダーが使えるようになりますね。残り2万BOくらいなので、今やってるイベント分があれば余裕で賄えることでしょう。

前に書いたスピリットランサーのスキル記事、意外と閲覧数があるようなので全スキル網羅出来るならそれに越したことはありませんし。ついでにアビリティについても少し書いても良いかもね。