にゃんこデイズ 2巻を買いました 感想

たらばがに」さんがコミックキューンで連載している4コマ漫画、「にゃんこデイズ」の2巻が発売しました。

今回はとらのあな限定で、缶バッジ付の限定版も販売。というわけで、とらのあなとゲーマーズでそれぞれ購入し、設定資料集と差し替えカバーの特典も入手しました。とらの設定資料は、作中に出てくるにゃんこ達のおもちゃやおやつ、本がカラーで載っており、更に裏面にも素敵なイラストが載っているので、気になる方はとらのあなで買ってみてください。

「にゃんこデイズ」という漫画は、3匹の子猫を飼う人見知りの少女が過ごす、猫との幸せな生活漫画。ただ、この漫画の猫、否、にゃんこは外見的には擬人化した少女で、人語を話し知性も高い、しかし習性等は猫そのもの、という存在。

今回はあづみの飼っているエルザの一日や、にゃんこ達の友子の看病、二人でカラオケ、にゃんこミュージアムへお出掛け、ろーと池谷さんの交流などが収録。1巻と同じく、にゃんこ達やあづみの行動にクスッとしたりしつつ、読み終わると癒されていたり優しい気持ちになっていたりすることでしょう。

また、少しずつ積極的になる友子の成長にも注目。にゃんこミュージアムの際は以前あづみに買ってもらった服を着ていったり、細かい点でこれまでの話も活かされています。

1月からはTVアニメの放送が開始し、ニコ動などでも配信されるとのことなので、是非とも視聴しましょう。

また、最新話は毎月5日に、コミックウォーカーで無料公開。こちらもチェックお忘れなく。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)